保湿 化粧水 ランキング

MENU

たっぷり水分、しっかりふた!

水分が足りず乾燥したお肌はバリア機能が乱れやすく、外部刺激を受け炎症を起こしたり、肌荒れを引き起こしたりします。特に乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人はバリア機能が弱い傾向にあるので、しっかり水分補給をして潤いを蓄えることがとても大切です。
しかし、水分を入れることだけが大切なわけではありません。乾燥が加速する季節、特に夏から秋、秋から冬と季節が変わる頃は、水分を補給してもすぐに乾燥を感じがちです。そういう時には普段のケアにプラスしてスペシャルケアを行ったり、今の保湿ケアを見直すことが必要かもしれません。もしかすると、水分補給後の保湿ケアがちゃんとできていない可能性があります。


まずは水分補給の仕方の見直しから。特に乾燥が気になる時やお化粧水の入りが悪い時は手で温めてからハンドプレスでじっくり中まで化粧水を染み渡らせたり、またコットンを使ってのローションパックもおすすめです。肌表面だけではなく角質層にまでしっかり水分を行きわたらせることで、よりリッチな潤いを感じられます。


水分補給の後は水分の保持です。バリア機能が弱まっている場合は特にこのステップがとても重要です。水分だけでは蒸発してしまうので、せっかく入れたお化粧水が飛ばないよう、上から乳液やクリームなどでふたをします。セラミドやヒアルロン酸など保水力が高い成分を含んだものが特におすすめです。水分補給のあとはしっかりふた!これを覚えておきましょう。
ちなみに、つけるタイミングはお風呂や朝の洗顔後5分以内であることが大切です。顔を洗って拭いたあとはどんどん乾燥していってしまうので、乾燥する前に水分補給、そしてふたをすることがとても重要になります。

 

ここでプラス紹介したいのが角質ケア。乾燥肌や敏感肌の人にはスクラブで角質ケア、なんて聞くと敬遠されてしまいそうですが、与えるだけではなくたまには落とすことも必要です。特に紫外線をたくさん浴びた夏以降、いつもより肌がごわつくということもあると思います。

そんな時はスクラブで優しくマッサージをしてあげると、表面の硬くなった古い角質が剥がれ落ちるのでお化粧水の入りが良くなったり、肌に透明感が出たりといことづくし。肌が敏感な人はコットンでお化粧水をつけるだけでも表面の古い角質を取り去ることができるので、ぜひ試してみてほしいです。