保湿 化粧水 ランキング

MENU

セラミドのお肌にいい効果色々。

セラミドはもともと肌が持っている成分だと既に説明しましたが、誰でもいつまでも同じ量のセラミドを持っているわけではありません。加齢が進むとセラミドは減少しますし、若くてもアトピーなどの敏感肌の人はもともとのセラミドの量が少ないと言われています。


アトピー肌の人を例に挙げて考えてみましょう。通常肌の生まれ変わりの周期は28日ですが、この肌タイプの人はその周期が短く、まだ未完成の肌が表面に現れてきます。未完成な肌はバリア機能が弱いので刺激に弱く、また肌の中にあるセラミドも少ないため水分を保持する機能が弱く、結果いつもカサカサと乾燥した印象を与えます。

また刺激に弱いため炎症も起こしやすく、乾燥と炎症を繰り返す肌はツヤやハリも失われてしまいます。

 

普通肌の人でも環境の変化や季節の変化などを機に肌のバリア機能が低下したり、内部のセラミドが減少することがあります。そうするとせっかく持っている水分を蓄えておくことができなくなってしまい、結果としてカサカサとハリツヤのない、しぼんだ肌になってしまいます。


ヒアルロン酸など保湿力や保水力に富んだ成分が入ったコスメも最近では多いですが、水分を与えるだけではなく肌の内部で抱え込む力がしっかり機能していることが大切です。与えた水分がしっかり蓄えられ、肌に潤いやツヤ、ハリ弾力を与えるためには、肌が十分な量のセラミドを保持していることがとても重要になります。


また、バリア機能が高まることにより炎症を起こしにくく乾燥もしにくいお肌になります。潤って艶やかな美肌を保つためには、肌が十分な量のセラミドを持っており潤いをキープできること、またバリア機能が正常に機能しており、炎症や乾燥から肌を守ってくれていること。この二つのバランスがとても大切です。


アトピー肌や乾燥肌、敏感肌の人など、もともとセラミドが少ない・または保持する力が弱い人はセラミドを
サプリとして採ったりセラミド入りのコスメを使うなど、外から補うことでも症状の改善につながります。